有料会員限定

強欲!ライザップ M&A攻勢で連結子会社数は1年で倍増

印刷
A
A

積極的なM&Aや株式分割、公募増資に、個人投資家の疑念が生じつつある。瀬戸社長の真意に迫る。

集団爆騰──。ダイエットの成功事例CMで知られるRIZAP(ライザップ)グループの株価が、子会社群も含めて急上昇している。

7月上旬につけた高値は、年初比でRIZAPグループが2倍、イデアインターナショナルとジーンズメイトが4倍。夢展望に至っては9倍だった。グループ全体を率い、RIZAPグループの大株主でもある瀬戸健社長はこう豪語する。「来期の成長も見込むと現在の株価はまだ割安。だから僕は保有株を売っていない」。

瀬戸社長は2003年4月、大学を中退してRIZAPグループの母体となった健康コーポレーションを設立した。ダイエット効果を売りにした豆乳クッキーの爆発的ヒットで、創業4年目の06年5月に札幌証券取引所アンビシャス市場に上場した。

健康コーポがダイエットジムのRIZAPを開始したのは12年2月のこと。その後、CM効果でジムは大ブレークを果たすが、それと同時に積極的に進めてきたのがM&A(合併・買収)だった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内