有料会員限定

仕事のスリム化 働き方改革を実現する

印刷
A
A

従来と異なる発想の業務効率化が求められている。日々座席を替えるカルビーや会議を効率化する日産などに迫る。

(ジャーナリスト:井上久男)写真:カルビーの職場に自分の固定席はない。フリーアドレスで社員同士のコミュニケーションも高める

成果さえ着実に出していれば、会社に来る必要はない。在宅勤務も無制限──。こんな発想で不要な会議や資料づくりをやめさせ、業務の効率化を推進したことで業績を伸ばしている企業がある。「ポテトチップス」など国民的菓子を生産・販売するカルビーだ。2017年3月期決算で、8期連続の増収増益を達成した。

快進撃の背景には、09年6月に就任した松本晃会長兼CEOによるトップ主導の大改革がある。松本氏は伊藤忠商事を経て、外資の米ジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人社長などを務めてカルビーへ移ってきた。経営の3原則として「簡素化」「透明化」「分権化」を掲げる。

就任直後の10年1月、松本氏はカルビーの本社を東京都北区内からJR東京駅に隣接する一等地のビルへ移転させた。そのときから全社的な業務の効率化推進活動が本格化した。品川千津子総務課長は言う。「本社移転によって資料を約70%削減した。『まず捨ててくれ』が大原則で、一人が段ボール箱一つ分しか新本社に持っていけなかった」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内