有料会員限定

「経済のことなら僕に任せて、リニア開通は来年だっけ?」 [Interview]高田純次の“適当"な名古屋論

印刷
A
A

「元祖テキトー男」と称されるタレントの高田純次(69歳)は中京テレビで22年もの間、シリーズ番組のMCを務めている。彼が見てきた「名古屋」とはどんなものか。インタビューを試みるとジョークの合間にも鋭い洞察力を感じた。

タレント 高田純次
たかだ・じゅんじ●1947年東京都生まれ。東京デザイナー学院卒業。4年間サラリーマン生活を経て77年に劇団「東京乾電池」に参加。85年『天才たけしの元気が出るテレビ!!』で大ブレーク。(撮影:梅谷秀司)

特集「名古屋独自の企業文化に迫る」の他の記事を読む

──今日は『週刊東洋経済名古屋臨増』の取材です。

「あ、経済雑誌。僕は経済が得意! 日経平均株価も早く2万円台に乗せないといけないと思ってるんだけどねえ。どうしたもんか」

──名古屋で20年以上も番組のMCを務めておられるのですね。

「22年ですねえ。僕が来た頃は、まだ名古屋城なんてなかったですからねえ。錦とか栄(の繁華街)はほとんど畑だったからなあ、アハハハ。僕が来たときにクラブにいたお姉さんが22歳だとしたら、もう44歳だからねえ」

──名古屋の人の印象は。

「たとえば女の子で言うと、好きになってもらうまでに時間がかかるよね。誠意、誠意、誠意と3回見せたあとで、ちょっと路線を外した冗談を持ってくると途端に嫌われちゃうみたいな。ずっと誠意で押さないとダメな感じかな。名古屋でお店をやれる人は日本全国どこへ行っても成功するって言うね。名古屋の人はしばらくじっくり見て、OKとなったらかなり深く、こちらに入り込んでくるって感じ。名古屋の人には誠意の部分をかなり長く見せないと信用されない。僕なんか『ファンです』と寄ってくる人みんなに1000円ずつ渡しちゃう。まあ、経済誌の取材だから言うんだけどね(笑)」

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内