有料会員限定

今だから言える、三木谷さんのすごさと限界 楽天OB座談会(3)

印刷
A
A

今年2月に創業20年を迎えたインターネット通販(EC)大手の楽天。EC市場を切り開き、かつて気鋭のベンチャー企業と呼ばれた同社は今や連結従業員1万4000人の大企業となった。
一方で楽天を飛び出す人材も最近は増えている。複数の楽天関係者は「黎明期を支えた人材が抜けて、新天地でチャレンジし始めている」と指摘する。「楽天はリクルートグループのような人材輩出起業になっている」(同関係者)との声も多い。
楽天という場で経験を積んだ社員たちは、どうして起業という道を選んだのか。楽天ではできない何を求めているのか。30代のOB経営者4人に語ってもらった(全4回、5回目はOB名鑑を公開。座談会は2月中旬に実施)。

特集「僕らが楽天に入った理由、辞めた理由」の他の記事を読む


──皆さんの手掛けるサービスがなぜ、楽天でできなかったのでしょうか?

荻田:たとえば倉橋さんの会社が手掛けるリアルタイムのウェブ接客サービス「KARTE(カルテ)」は、本来ならば、楽天がやらなければいけないはずです。楽天には大量の会員数やデータがあります。サイトへの訪問者をリアルタイムで可視化し、会員登録や購買につなげるためのウェブ接客サービスは、簡単にできるはず。楽天市場に出店してくれている店舗も絶対やりたいと思っている。そういうものを作ろうとした人が楽天から出ていってしまっている。その現状が、正直言ってヤバいと思います。僕は楽天のことがすごく好きですが、「もうダメだな」と思って飛び出しました。

天沼:カルテは本来、楽天が目指している姿ではありますね。

倉橋:2000年代から楽天市場に出店し、今も活躍している店舗は、モノだけではなく体験や思いを提供しています。そういう店舗を支える仕組みとして本来楽天市場があるはずですが、両者のギャップが開いてきていると感じます。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内