有料会員限定

楽天市場の不安、僕たちが向かう先 楽天OB座談会(4)

印刷
A
A

今年2月に創業20年を迎えたインターネット通販(EC)大手の楽天。EC市場を切り開き、かつて気鋭のベンチャー企業と呼ばれた同社は今や連結従業員1万4000人の大企業となった。
一方で楽天を飛び出す人材も最近は増えている。複数の楽天関係者は「黎明期を支えた人材が抜けて、新天地でチャレンジし始めている」と指摘する。「楽天はリクルートグループのような人材輩出起業になっている」(同関係者)との声も多い。
楽天という場で経験を積んだ社員たちは、どうして起業という道を選んだのか。楽天ではできない何を求めているのか。30代のOB経営者4人に語ってもらった(全4回、5回目はOB名鑑を公開。座談会は2月中旬に実施)。

特集「僕らが楽天に入った理由、辞めた理由」の他の記事を読む

──祖業であり、今も主力事業である「楽天市場」についてはどう見ていますか?

嶋:先ほど(第3回参照)お話ししたように、ECC(楽天市場のコンサルタント)の商売に対する意欲が下がってきているように見えます。これは問題だと思います。楽天市場に出店する店舗経営者は、今のECCは「すごく頭はいいんだろうけど、商売の話はできないよね」と思っているようです。だから店舗経営者の気持ちがヤフーショッピングへと移っているのではないでしょうか。

倉橋:2013年にヤフーが手数料を全面無料化する「eコマース革命」を発表しましたよね。このときには、楽天市場はもうプレミアムモール化するしかないな、と思いました。プレミアムモール化とは、店舗や商品の数を追うのではなく、ユーザーが体験できる買い物の質を上げ、購買単価を上げていくということです。そちらに舵を切らないと、ユーザー獲得のための体力消耗戦になってしまいます。現に今の楽天市場は「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」という最大でポイント7倍を付与するというキャンペーンをしていますが、これはまさに消耗戦です。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内