米国は老舗大国!これが「ご長寿100社」だ

新興企業が目立つが実は老舗が大活躍

3位のバンク・オブ・ニューヨーク・メロンから46位のコンソル・エナジーあたりまでは、独立宣言以降、南北統一までに設立された会社だ。3位のバンク・オブ・ニューヨーク・メロンは、世界最大の信託銀行だ。

同社の設立のあと、現在でも名の通った金融機関が設立されている。JPモルガン・チェース、シティグループ、ステート・ストリートなどだ。また、一般事業会社についても大手の設立が目立つ。デュポン、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、ティファニー、ファイザー、アメリカン・エキスプレスなど、日本でも馴染みが深く、各業界を代表するような企業が設立されている。日本が鎖国していたこの時代、世界では産業革命が起こり、続々と新しい形態の企業が増えていったということだろうか。

19世紀後半はエネルギー会社設立ラッシュ

1800年代の後半になると、エネルギー関連企業の設立が目立つ。53位のエクソン・モービル、62位のフィリップス66、68位のシェブロンなどがそうだ。エクソン・モービルとシェブロンは、スーパーメジャーと呼ばれる巨大な国際石油資本。両社ともに、石油王のジョン・ロックフェラーが設立したスタンダード・オイルを母体としており、もともとは同一グループの会社だった。

また、医薬品・ヘルスケア関連会社が出現してくるのもこの時期だ。65位のイーライリリー・アンド・カンパニー、66位のパターソン・カンパニーズ、87位のジョンソン・エンド・ジョンソンなどだ。イーライリリー・アンド・カンパニーは、世界で初めてインスリン製剤を商業化した会社だ。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、日本では解熱鎮痛薬タイレノール、禁煙補助薬ニコレット、使い捨てコンタクトレンズのアキュビューなど、一般消費者向け製品を取り扱う会社というイメージが強いが、外科手術関連製品、感染予防用消毒機器など、医療機器関連製品でも有名だ。同社は、52年にわたって毎期増配を継続する長期増配継続企業でもある。 

次ページ51位~97位タイ、エクソン・モービルやJ&Jなど登場
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT