有料会員限定

ニコ動を通信制高校に? カドカワの新事業 直撃インタビュー 川上量生・カドカワ社長

拡大
縮小

カドカワを率いる川上量生社長が新事業を始めた。N高校という通信制高校を立ち上げたのである。「ニコ動」が高校? その謎に迫った。

(本誌:山田泰弘)

[ポイント1]
不登校になって、家でインターネットに逃げている子どもは多い。だいたいニコニコ動画を見て、カドカワのライトノベルを読んでいる。

[ポイント2]
通信制高校って、行きたくない高校になっている。でも、僕らが本気を出せばたぶん、みんなが行きたいと思う高校も作れる。

[ポイント3]
みんな友達がほしいんです。単位を取るための高校はあっても、そこでコミュニティを本気で作ろうとしているところはない。

 

インターネットを活用した映像授業を行う通信制高校「N高等学校」が今年4月に開校した。立ち上げたのは、カドカワ。ニコニコ動画(ニコ動)を運営するドワンゴもその傘下にある。ニコ動のほか、出版などエンターテインメント分野を中核とした企業グループであり、教育事業には意外感が強い。カドカワの川上量生社長を直撃した。

かわかみ・のぶお●1997年ドワンゴ設立。2014年にKADOKAWA・DWANGO(現・カドカワ)会長に就任。15年から現職。

特集「世界でただ一つの学校について話そう」の他の記事を読む

──N高校を始めたきっかけは。

もともとは外部の教育関係者などから僕らに持ち込まれた企画なんです。最初は「はっ?」って感じで……。「何で僕らが高校をやらなきゃいけないんだ」と思っていたけれど、強く説得されたんです。「通信制高校をドワンゴ、カドカワがやることにはすごく大きな意味がある」と。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内