有料会員限定

次なる標的は「共青団」 求心力を高める習近平

印刷
A
A

数多くの大物を処断してきた反腐敗運動。次は現職の国家副主席が標的だとされる。その背景には李克強首相の出身母体、共青団との対立構図があった。

今年3月の全人代では、習近平主席の李克強首相に対するよそよそしい振る舞いが注目を集めた(ロイター/アフロ)

8月は中国にとって政治の季節である。共産党の指導部を中心に、第一線を離れてもなお隠然と影響力を保つ長老たちを加えて開かれる北戴河会議(政治局拡大会議)が行われるためだ。

開催地は河北省の有名な避暑地だが、「避暑地での会議」という言葉の持つリラックスした印象とは裏腹に、人事をめぐって厳しいやり取りが交わされるといわれている。来年の党大会では、習近平指導部がスタートして初めて最高指導部メンバーが大きく入れ替わるとされているだけになおさらだろう。

そして目下のところ、北京の関心は習近平との対立構図が伝えられる李克強首相の動静、そして李克強と同じく共産主義青年団(共青団)出身の李源潮・国家副主席に司法の手が及ぶか否かに向けられている。

李源潮が反腐敗運動の標的になるといううわさは、早くから出ていた。最近彼の元秘書が逮捕されたことで、その可能性がより一層増したともいわれている。

だが、李源潮は7月1日に開かれた党創立95周年大会にも、その前に行われた政治局学習会にも出席している。北戴河会議を控えて事態が急展開する可能性は小さくなった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内