日立、発送電分離をにらんで送電事業に本腰

スイス重電大手・ABBとの提携に見る日立の狙い

中西宏明・日立製作所CEO(左)と、ウルリッヒ・シュピースホーファーABB社CEO(右)

「私からABBに声をかけた」――。

日立製作所とスイスの重電大手ABBは16日、2015年4月をメドに電力流通の高圧直流送電事業(HVDC)で合弁会社を設立することを発表。中西宏明・執行役会長兼CEO(最高経営責任者)が自ら動いて意中の相手を射止めた。

ABBはスイスに本社を置く重電大手。電力と工場自動化システムが事業の柱で、13年12月期の売上高は418億ドル(約4兆8900億円)。日本でも100年以上、事業展開をしている。

18年の発送電分離が商機

出資比率は日立が51%、ABBが49%になる予定。本部は東京に置き、両社から2名ずつ役員を送りこむ。日立からCEO、ABBからCOO(最高執行責任者)を派遣する。

 日本では16年に電力小売りの自由化、18年に電力会社の発送電分離を控えており、送電設備の需要が増える見込みだ。今回発表したHVDCは送電事業のほんの一部ではあるが、再生可能エネルギーの普及で注目されている分野だ。

例えば、洋上風力や離島にある太陽光発電などは、遠隔地からエネルギーを送ることが多い。通常の送電は300~400キロメートルが限界と言われており、それを越える長距離の送電ではHVDCの使用にメリットが出る。合弁会社で行う事業は現時点では国内のみを予定。日立が営業を担当し、ABBの機器を売り込む。

次ページ日本市場に海外企業を呼び込んだ理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT