有料会員限定

1000万台時代の組織大改正 カンパニー制で「もっといいクルマ」を目指す

印刷
A
A
[図1]
拡大する

特集「経営者 豊田章男」の他の記事を読む

組織改正は「ソリューション(解決策)」ではなく、「オポチュニティ(機会)」である。この組織改正を将来の正解にするのも、間違いにするのも私たち自身である──。

3月2日午後。愛知県豊田市にあるトヨタ自動車本社では、4月18日に移行する新体制の説明会が開かれた。集まった約1000人の管理職に対し、豊田章男社長はこう訴えた。

ポイントは、今回初めて導入されるカンパニー制だ。

「小型車」「乗用車」「商用車」「高級車(レクサス)」という車のタイプごとに四つ、技術・部品ごとに三つの計7カンパニーを新設(図1)。車種別カンパニーには、トヨタ自動車東日本、トヨタ車体、トヨタ自動車九州といった車両生産を担う生産子会社も組み込む。

各カンパニーのトップには専務役員を任命し、短期・中期の商品計画や製品企画に関する権限を持たせる。

カンパニー制導入の目的は三つある。一つは「1000万台に対応した体制作り」(トヨタ幹部)。二つ目は強くなりすぎた機能別組織の再編。そして三つ目が社長候補の育成だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内