有料会員限定

土着化した人民解放軍に習近平が抜本改革を迫る 狙いは組織の近代化による「戦える軍隊」

印刷
A
A

これまで聖域扱いされてきた軍に、習近平主席が本格的な手術を行おうとしている。その狙いは組織を近代化し、「戦える軍隊」にすることだ。

習近平主席は軍指揮権を党中央に一元化すると同時に「戦って勝てるようになれ」とハッパをかける。(ロイター/アフロ)

中国人民解放軍の改編がいよいよ始まりそうだ。今まで幾度か報道され、それに対して国防部が否定してきたものである。

2015年11月24日から26日まで北京で開催された共産党中央軍事委員会改革工作会議において、習近平主席が、「軍の大規模改革に着手する」と表明したのである。

習近平主席は、「軍の最高指揮権は党中央、軍事委員会に集中させる」と強調し、「統合作戦指揮体制の構築を進め、戦闘力を高めるため、部隊の規模・編制を見直し、量から質の重視へ転換する」と述べた。

明確にその内容が述べられたわけではないが、現在の7大軍区を4~5の戦区に改編し、統合作戦司令部を設立して軍の統合運用を図ると考えられている。また、現在の4総部(軍内の政治思想教育等を担当する総政治部、作戦や運用を指導する総参謀部、装備品の調達等を行う総装備部、基地や宿舎の管理を含む補給等を担う総後勤部)も廃止して、中央軍事委員会が直接指導・管理する権限を強化するものとみられる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内