有料会員限定

重慶 薄熙来を完全払拭 経済都市として急浮上

✎ 1〜 ✎ 54 ✎ 55 ✎ 56 ✎ 最新
拡大
縮小

数年前、薄熙来書記の失脚で揺れた重慶。一時タブー視された都市に、党要人の視察が相次ぐ。2ケタ成長を続ける経済力は、かつての深センに重なる。

習近平総書記の視察によって重慶はにわかに注目の的に。写真は1月に重慶で講話を行う習総書記(Photoshot/時事通信フォト)

今年1月4日、習近平・中国共産党総書記は重慶市を視察した。中国メディアはこれを「総書記による重慶視察は9年ぶり」と大々的に報じた。

中国には重慶を含め四つの直轄市(省と同格)があるが、人口がいちばん多いのは3000万人を抱える重慶である。農村部が広いため、面積はほかの直轄市である北京、上海、天津の合計よりも大きい。

今回の重慶視察にはいくつかの理由が挙げられる。

建前でいえば、まずはその重要性である。中国経済の減速がはっきりする中、重慶は2ケタの成長率を維持している。省レベルではいちばん高い数値だ。

第二に、重慶は中国西部に位置し、西部の地域開発のモデルとしての意義を持っている。

第三に、長江のほとりに位置する重慶は、最重点の国策である「新シルクロード経済ベルト」と「長江経済ベルト」との結節点である。

第四に、沿岸部と比べて発展が遅れていた内陸部の都市として高成長を実現し、地方経済の発展ストーリーとして手本になるからである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内