有料会員限定

「モノ」のデータで効率化 IoT

印刷
A
A

テレビ、洗濯機、冷蔵庫──。2015年に開催された、欧州最大の国際家電見本市・IFAでは、インターネットとつながる「スマート家電」がずらりと並んだ。今、こうした分野がIoT(モノのインターネット)として注目されている。例年、IFAで最大級の展示ブースを設けてきた韓国サムスン電子も、IoTを大々的に掲げた。

ドイツで開催された家電見本市「IFA」。IoT関連製品が多数展示された

特集「テクノロジー」の他の記事を読む

モトローラ・モビリティが発表したスマートウォッチ「Moto 360」
サムスンのスマート家電は、スマホアプリを通じて一括で制御することが可能

これまでも07年頃のユビキタス(あらゆる物にコンピュータが内蔵されている状況)などさまざまなバズワード(はやり言葉)が生まれては消えたIT業界。IoTも、単なるバズワードで終わってしまうのだろうか。

IoTの活用が進めば家電や車、産業機械など、あらゆるモノがネットとつながる。それぞれにはセンサーが組み込まれており、周囲の情報を読み取ることができる。情報は、ネットを通してデータセンターに吸い上げられ分析・活用される。

野村総合研究所の城田真琴・上席研究員は、ユビキタスもIoTもITで社会を効率化する点で同じだと話す。「センサーの価格やデータ通信料が安くなり、モノを介してデータを収集しやすくなった。IoTは新技術が使われているわけではない。ユビキタスが目指した世界を実現するための環境が整っただけ」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内