有料会員限定

ディーゼルは死んだ? VW不正で強まる逆風 もう止められない規制強化のうねり

印刷
A
A
違法なソフトウエア搭載が発覚したVWのディーゼルエンジン

特集「VW(フォルクスワーゲン)ショック」の他の記事を読む

「5年間でディーゼルへの税制優遇を段階的に廃止する」 10月上旬、フランスのエコロジー・持続可能開発・エネルギー相、セゴレーヌ・ロワイヤル氏は、ディーゼル車の燃料となる軽油がガソリンよりも優遇されている現状を見直す方針を打ち出した。

フォルクスワーゲン(VW)の本国、ドイツでもバーバラ・ヘンドリクス環境相がディーゼル車の税制優遇を廃止し、電気自動車を支援する考えを示した。

ヘンドリクス環境相は後日発言を取り消したが、VW不正をきっかけに、欧州でディーゼル車への風当たりが強まっていることは間違いない。

「一部のことで、ディーゼル全体を否定しないでほしい」。トヨタ自動車の豊田章男社長はそう論す。

VWが非難されるのは、米欧の法律で禁じられている装置(ディフィートデバイス)を搭載していたためだ。テスト時の特殊な条件下でのみ、排ガス浄化装置を十分に機能させる。実際の走行時には浄化装置を無効化(ディフィート)し、排ガスを垂れ流していた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内