米FRBはインフレ・ターゲットを採用する可能性が高い--ディビッド・ウェッセル ウォール・ストリート・ジャーナル 経済担当エディター


 今日のような経済状況はこれまでなかったので、中央銀行がなにもしないよりは活発なほうがいいと思うが、一方でリスクも背負い込むことになる。
 
 歴史から学ぶことはできるが、どの時期を現在に応用するのかが重要。日本のような失われた10年にならないようにしようと考えることもできる。もうひとつは1936年~37年の例。少し経済が回復したところで大幅に増税をしたり金融の引き締めを行ったりして、ここから景気が後退した。こうした例から学ばないといけないこともあるだろう。

--物価目標の導入可能性をどう見るか?

ターゲットが出される近いところまで来ていると思う。前議長のグリーンスパンはそうした数字を示すようなことはなく、インフレが問題になるのは消費者や事業者が懸念するようになったときが問題になるという考え方だった。
 
 一方、バーナンキ氏は公にインフレ率はだいたい2%ぐらいが望ましいのではないかと言っている。おそらく、本人もインフレ・ターゲットを望ましいと思っているので、アメリカはインフレ・ターゲットを出すというところにかなり近付いていると思う。

--金融危機を引き起こしたバブルは民間金融機関の取引で醸成されて破裂した。今後は先進国を中心に自国の事情で金融政策を進めることが、バブルを生じる結果にはならないか。

次のサプライズは何かということだが、それがわかっていればサプライズにならない。2000年代の議事録を見ると、グリーンスパン議長はこの低金利が続くとどこかで歪みが発生するかもしれないが、どこで起きるかわからないと言っている。
 
 ひとつ危険なのは資産バブルだと思う。中国の不動産市場ではそれが起きていると思う。先進国でもそれが起きるのかということになる。次回に大きな問題が発生した時、中央銀行が効果的な対応が取れるのかが疑問で、なかなか難しいことだと思う。
(聞き手:大崎明子、井下健悟 撮影:吉野純治 =東洋経済オンライン)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT