有料会員限定

今こそ日本株 出遅れ割安株の出番だ!

印刷
A
A

息の長い上昇相場になっている日本株。この相場には今からでも参加できる。もっとも、株式投資で肝心なのは銘柄選び。そこで勝ち組と呼ばれる投資家たちの戦略に学ぼう。また、有望株を一挙紹介する。

(本誌:緒方欽一、島 大輔、山内哲夫、山本直樹/データ編集:久野貴也)

ついにITバブル期超え──。日経平均株価は6月24日、終値で2万0868円となり、2000年4月12日につけたITバブル時の高値2万0833円を抜いた。これは1996年12月5日(2万0943円)以来およそ18年半ぶりの高値だ。

ここから先、年後半の株価動向については、「日経平均で高値2万2000円、下値は1万9000円」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の芳賀沼千里チーフストラテジスト)というのが市場関係者のおおよその相場感だ。

もちろんギリシャ問題などで市場が動揺する局面は予想される。だが、日本銀行が異次元緩和の下で行っているETF(上場投資信託)買いなど、相場の下支え役がいる日本株市場は、外国人投資家も安心して資金を振り向けやすいため、先高感が依然として強い。

日経株価平均は6月24日、ITバブル期の高値を超えた(撮影:今井康一)

特集「今こそ日本株」の他の記事を読む

日経平均上昇と同時に銘柄選別が進んでいる

一方、個人投資家にとっての関心事は、相場全体の先行きだけでなく、「買われて上がっている銘柄は何か」ということだろう。日経平均は上昇基調を着実に歩んでいるが、各銘柄が一様に上がっているわけではなく、買われる銘柄がきちんと選別されている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
今こそ日本株
上昇株を探せ!
外国人投資家も大注目
割安株探しの王道(2)
割安株探しの王道(1)
連続増配に注目!
利益も株価も伸び盛り!
「業績+α」で選ぶ 高成長&割安株ランキング400
割高だが元本保証
巨大投資家GPIF
プロが注目する
株の「目利き」が注目する銘柄はコレだ!
今年はサマーラリーに期待
成長の種は「中計」にあり!
金利との関係で読み解く!
I Like Japan!!
勝ち組投資家、かく戦えり![プロ編]
片山 晃 カリスマ投資家
超高速自動売買のクセを読め!
勝ち組投資家、かく戦えり! [個人編]
出遅れ割安株の出番だ!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内