有料会員限定

拡大する地方の「安倍離れ」 佐賀知事選挙で完全敗北

印刷
A
A
与党支援候補を破り、佐賀県知事選挙で初当選を果たした山口祥義氏(中央、1月11日夜、佐賀市内)(時事)

「昨年の総選挙で勝利を収め、第3次安倍政権を発足させることができました」。正月明けの連休を山梨県鳴沢村の別荘で過ごしていた安倍晋三首相は11日、静岡県小山町の富士霊園を訪ね、祖父の岸信介元首相、父親の安倍晋太郎元外相の遺骨が分骨されている墓にこう報告したというが、心中はいささか、複雑だったのではないか。

そのとき、投票が進んでいた佐賀県知事選挙で、当初の予想に反して、与党が支援した候補者の劣勢が首相官邸から伝えられていたからだ。墓前に報告したとおり、昨年の衆院選で圧勝し、参院で否決された法案を与党で再可決できる「定数の3分の2」を引き続き確保しただけに佐賀県知事選の劣勢がなければ本来は余裕綽々(しゃくしゃく)のはずだったのだが。

案の定、この日深夜、与党支援の樋渡啓祐前武雄市長が、地元農業協同組合、首長、地方議員が擁立した前総務省過疎対策室長の山口祥義氏に敗北した。山口氏の獲得票数に対する樋渡氏の獲得票数、いわゆる「惜敗率」が8割に満たない完全敗北といえるものだった。昨年7月の滋賀県知事選、11月の沖縄県知事選に破れている安倍政権の「地方で勝てない」弱点は変わっていないことが浮き彫りになった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内