企業の「危機管理」--経営者層・社員たちのメタボ・生活習慣病対策


病院に入院したことがある人ならばわかると思われるが、「病院食」は味がなく、うまくはない。それどころか味も素っ気もない。食べられないから、やせる。栄養過剰な人にとっては、結果として「健康食」になる。しかし、病院を出れば、リバウンドに走るのが通例となる。

一般の人にとって、味も素っ気もない食事は耐えられない。味があってカロリーがコントロールされていれば、これはありがたいことである。総務、人事などのセクションは普段目立たない裏方の仕事だが、経営者層から一般社員たちまでの心身をケアしなければならない。そうしたミッションを実現するには、経営者層や一般社員たちの日常の食事も大切である。

そんなニッチながら深刻なニーズに対応したのが、カロリーコントロール総菜食品というわけである。

(東洋経済HRオンライン編集部)

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT