「ブイログ」という、セレブ億万長者への近道

<動画>しょうもないようなビデオが大人気

アルフィー・デインズはブイログのチャンピオンだ

おそらくみなさんアルフィー・デインズなんていう名前は聞いたこともないでしょう。実に大したこともないことをしゃべる21歳の若者です。でもそのままで彼はおそらく今やイギリスで最大のセレブの一人となったのです。アルフィーはビデオブログとかもっと短く約してブイログとして知られるソーシャルメディア上の一つの現象といえます。やっていることはいたって簡単で、話題を決めてそれについて自分で作ったビデオをYoutubeにアップロードするだけです。

アルフィーに言わせれば、それこそこの言葉はピント外れだろう。

チョコクリームを顔に塗りたくったビデオを例にとってみよう。大人はくだらなさしか見ないかもしれないが、このビデオは1億5000万回近くも閲覧されているのだ。

彼はさきごろ本も出版した。

売れたかって? もう一度ピント外れだと言おう。その本はたちまちAmazonのベストセラーとなったのだ。

Enders Analysis社のデジタルメディア・アナリストであるイアン・モウド氏は次のように言う。「YouTubeを通じて人は他の人とつながります。多くのファンを抱えていてTouTubeのチャンネルにメッセージを送るとちゃんと返信を返します。皆が、ファンからのメッセージに返信を返してその関わりを大切にしています。これが今までにない新しい点ではないでしょうか」。

どのくらい儲かるのか

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)

そしてそれでお金が儲かる。PewDiePieとして知られるフェリックス・ジェルバーグを例にとってみよう。彼は広告宣伝で年に1000万ポンドほど稼いでいるとされている。

でもこのビデオブロガーは用心深く振る舞い、自分から言いふらしたりしない。隣に住んでいそうな普通の人のままでいるのがキーなのだ。

アルフィーはこう言う。「みんなこんなふうに聞いてきます。『いくら稼いでる?』 そのたびに 『あああ、』 って思うんです。第1に、普通は人にそんなこと聞かないでしょう。第2に、それはぜんぜん肝心な点ではないし、第3に、僕がいくら稼ごうと誰にも関係のない話でしょう。実際、大した金額でもないわけだし。いろんな請求書が来てちょうど支払いができる程度なんです。」

まったくその通りだろう、もしその請求書がどれも数十万ポンドだったならだけれど。そんなふうには見えないだろうが、彼らこそメディア界の新しい最重要人物なのだ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT