「デジタルは苦手」を克服するちょっとした心構え 最低限の知識を得たら「習うより慣れろ」で臨む

拡大
縮小
「デジタルツール」への苦手意識を克服するにはどうしたらよいか

インターネットの普及からもう四半世紀が経ち、私たちの身の回りはデジタル機器であふれている。そして、それらが使えないとさまざまな場面で不便を強いられる。「デジタル」という響きだけで苦手意識を感じる人もいるはずだ。しかし、日頃のちょっとした心がけで、アレルギーをなくすことはできる。

『週刊東洋経済』の2月28日(月)発売号では「デジタル仕事術」を特集。スケジュール管理からファイル共有、文書管理などデジタルツールの活用術を紹介している。

まずは触ってみることからはじめる

スマートフォンを使っていて便利だと感じた瞬間はたくさんあるはずだ。すべてを使いこなす必要はなく、自分が興味のある分野からまずは使ってみて便利さを実感していくといい。スマホがあれば、調べ物や買い物のみならず、映画や音楽を楽しんだりすることもできるので、食わず嫌いをやめて、まずは触ってみるところから始めよう。

『週刊東洋経済』3月5日号(2月28日発売)の特集は「デジタル仕事術」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

パソコン(PC)、スマホ、タブレットはそれぞれ形状が違い、得意な分野も異なっている。PCは長い文章を打ち込んだりするのには便利だ。スマホは持ち運びに便利だが、画面が小さく、細かい文章を読んだり、入力したりすることには向いていない。反面、動画や情報の視聴という意味では事足りる。タブレットはスマホの画面が大きくなったものと考えればいい。それぞれのライフスタイルや用途によって使い分ける。

デジタルツールに苦手意識を持っていると、「まず習ってからでないと怖くて触れない」と考え、使うことを躊躇してしまう。だが、ここは「習うより慣れろ」だ。自分の興味のあることを優先して、キーボードや画面に触ってみる。このように心がけていれば、気がついた頃にはある程度使えるようになっているものだ。

次ページ自分が使える部分のみ挑戦
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT