電動バイクで停滞市場に喝 ヤマハ発動機の再チャレンジ

電動バイクで停滞市場に喝 ヤマハ発動機の再チャレンジ

電気自動車の開発競争が本格化する中、このブームに続けとばかりに2輪市場にも電気の波が押し寄せている。ヤマハ発動機は電動バイク「EC−03」を10月から開始した。

実はヤマハが電動2輪市場に参入するのは今回で2度目。2002年から合計6000台程度を販売したが、バッテリーの不具合などで生産コストがかさんだこともあって07年に撤退していた。そこで今回はバッテリーの調達先を切り替え、品質管理を徹底。容量も2倍に増やし、走行性能をアップさせた新モデルで、再チャレンジに踏み切る。

価格は25.2万円。原付バイクの高級モデルが20万円程度なのを踏まえて、手の届きやすい価格帯にした。家庭用コンセントで100ボルト電源につなげば6時間でフル充電できる。使い勝手のよさを売りに通勤や買い出しなど近距離需要を掘り起こしていく考えだ。

国内2輪市場はバイク離れで縮小傾向にある。「CO2ゼロ」をうたう電動バイクは、エコブームを背景に需要増への期待が高い。12月にはホンダが企業向けなどにリースを始める予定と、各社の競争も激しくなりそうだ。

(松浦 大 撮影:谷川真紀子 =週刊東洋経済2010年9月25日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT