BMWを"味方"につけた特殊なタイヤ ブリヂストンが7年近くかけて開発

拡大
縮小

これらの解決策として取ったのが剛性アップ、新しいトレッドパターン(タイヤ溝)の開発、大径化の3つだ。

従来の低燃費タイヤより大幅に剛性を高め、変形によるグリップ力の低下を防いだ。トレッドパターンは既存の低燃費タイヤよりも溝体積を減らした。この溝を減らすとグリップ力は向上するが、排水性の低下やエネルギーロスが生じる。だが、狭幅化や高剛性化が排水性やエネルギー効率にはプラスと働く。ただ単に狭幅化や高剛性化すると乗り心地が悪化するが、これを大径化で回避した。

あちこちでトレードオフが生じる複雑な方程式。独自の計測システムをフル活用し、デメリットを最小に抑えつつ、メリットを最大限引き出し、燃費性能とグリップ性を高い次元で両立したタイヤの開発にメドがついた。

課題は標準装着の拡大

ただ、問題が残されていた。タイヤが特殊なサイズであるため、既存の自動車には装着できないのだ。だが、まったく新しいEVを開発していたBMWがこのタイヤを採用。標準装着を前提にi3が開発された。

BMWのEVに装着されたことで、この新型タイヤは一定程度アピールできた。実際、いくつかの会社から引き合いもあるという。だが今後、どれだけ採用を拡大できるかはわからない。車体設計の段階からカーメーカーとの協同が必要であるなど、これまでのタイヤの売り方とは大きく異なるからだ。「もう1段も2段も性能を引き上げていく」と話す桑山フェロー。激化する一方の燃費競争の中で、国内外の自動車メーカーが目を向ける可能性はありそうだ。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT