【映像解説】ゆとり世代一期生のその後--実は職場でうまくやっている?

【映像解説】ゆとり世代一期生のその後--実は職場でうまくやっている?

2002年~2003年度の学習指導要領改訂による「ゆとり教育」を受けた人たちを「ゆとり世代」と呼ぶ。そして「ゆとり世代一期生」が今年3月に大学を卒業し、4月から企業で勤務を始めた。

企業にとって「ゆとり世代」を受け入れるのは初めてのこと。

企業の人事部は、今年の新入社員について「すぐに辞めてしまうのではないか」「職場にうまく溶け込めないのではないか」などと心配していたが、現状はどうなっているのだろうか。

最新情報を東洋経済HRオンライン編集長の田宮寛之がビデオで解説する。

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。