【映像解説】ゆとり世代一期生のその後--実は職場でうまくやっている?

【映像解説】ゆとり世代一期生のその後--実は職場でうまくやっている?

2002年~2003年度の学習指導要領改訂による「ゆとり教育」を受けた人たちを「ゆとり世代」と呼ぶ。そして「ゆとり世代一期生」が今年3月に大学を卒業し、4月から企業で勤務を始めた。

企業にとって「ゆとり世代」を受け入れるのは初めてのこと。

企業の人事部は、今年の新入社員について「すぐに辞めてしまうのではないか」「職場にうまく溶け込めないのではないか」などと心配していたが、現状はどうなっているのだろうか。

最新情報を東洋経済HRオンライン編集長の田宮寛之がビデオで解説する。

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?