【映像解説】ゆとり世代一期生のその後--実は職場でうまくやっている?

【映像解説】ゆとり世代一期生のその後--実は職場でうまくやっている?

2002年~2003年度の学習指導要領改訂による「ゆとり教育」を受けた人たちを「ゆとり世代」と呼ぶ。そして「ゆとり世代一期生」が今年3月に大学を卒業し、4月から企業で勤務を始めた。

企業にとって「ゆとり世代」を受け入れるのは初めてのこと。

企業の人事部は、今年の新入社員について「すぐに辞めてしまうのではないか」「職場にうまく溶け込めないのではないか」などと心配していたが、現状はどうなっているのだろうか。

最新情報を東洋経済HRオンライン編集長の田宮寛之がビデオで解説する。

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。