時速500キロ!リニア「本物」に乗ってきました

メディア限定、山梨実験線試乗レポ(動画あり)

営業線仕様のL0系車両。今回の体験乗車は7両だが、2027年開業では16両編成だ

もっとも、一瞬だけ、「ガクン」とする時があった。減速してから、着陸時、タイヤが車体から出て、地面に接する瞬間だ。地上走行には時速180キロメートルで移行する。今回は座席の向きが変わらないため、東京方面へは正面向き、甲府方面へは背面向きで走行した。センターを起点に2往復ほど時速500キロメートルを肌で感じ、体験乗車は終わった。

JR東海では11月(13・14・18・19日)と、12月(4・5・9・10日)、一般向けの体験乗車も実施する。電話か同社サイト経由で申し込み、募集は9月30日の23時59分まで。料金は1区画4320円。ただし、先着順でなく、抽選である。1日300人で8日間、計2400人に乗ってもらう計画だ。さらにその先、春にも体験乗車を考えているという。

いよいよ10月1日には、東海道新幹線開業50周年を迎えるJR東海。リニアもすでに工事実施計画を国土交通相に申請し、大臣の認可が下り次第、今秋にも工事着工の準備に入る段取りだ。日本の交通体系全体を大きく変える巨大プロジェクトは確実に動き始めている。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT