三菱電機がテレビ撤退、始まった「選別」【動画】

国内シェアはわずか2.9%、開発競争に白旗

三菱電機は11月1日、液晶テレビブランドREAL(リアル)」事業の縮小を発表しました。

「三菱電機ストア」への出荷も2024年3月をメドに終了

家電量販店への出荷はすでに9月末で終了し、全国に約1300店ある小規模系列店「三菱電機ストア」への出荷も2024年3月をメドに終了します。

画像をクリックすると『週刊東洋経済プラス』の「テレビメーカー 最後の宴」特集ページにジャンプします

三菱電機は競馬場やスタジアムに設置される大型映像装置「オーロラビジョン」や鉄道車内ディスプレイ「トレインビジョン」の製造は継続するものの、テレビ事業からは事実上撤退ということになります。

『週刊東洋経済プラス』の特集「テレビメーカー 最後の宴」より、東洋経済の高橋玲央記者のリポートをもとにポイントを動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(撮影:尾形文繁、今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT