WOWOW、「錦織バブル」後の勝負どころ 独占放送のアドバンテージをどう生かす?

印刷
A
A

有料放送のWOWOWにとって、テニスは地上波と差別化できるコンテンツの1つ。放映権料が数百億円にも上るサッカーほどではないが、長年にわたってそれなりの金額を投資してきた。その投資が、錦織選手の決勝進出によって一気に花開いたというわけだ。

新規加入者をどうつなぎ留める?

画像を拡大
WOWOWは9月27日から予選が始まる「楽天ジャパンオープン」も放送する(放送は29日から)

だが、浮かれてばかりもいられない。テニス大会の視聴を主な目的とする加入者の中には、試合が終われば解約するという人が常に一定程度いるからだ。

今回のように、「日本選手の活躍」見たさに加入した人が多ければ、なおさら解約者も増えることが予想される。会社側は「今月27日から予選が始まる楽天ジャパンオープンの放送予定などの情報提供を積極的に行う」ことで、新規の加入者のつなぎ留めにかかる。

ただ、2013年度累計加入者数264万8000件のうち、新規加入者数は50万4000件、解約数は48万7000件で、2012年度と比べると1万7000件の純増にとどまっている。

課題は解約防止。10月からは、加入者が無料で見られる動画配信サービス「WOWOWメンバーズオンデマンド」で、「トッププロのプレーに学ぶグランドスラムテニス塾」という過去4大大会の映像を活用した特別番組を開始する予定だ。

テニス好きの契約者をつなぎ留めるための施策に地道に取り組んでいるが、今回の新規契約者にどこまで響くか、この施策だけでは心もとない。錦織選手の勝負が幕を閉じたこれから、WOWOWの勝負が始まる。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT