「上場企業の社長求む」 ユーシンの後継者公募という奇手

「上場企業の社長求む」 ユーシンの後継者公募という奇手

求める人材は「英語に堪能で、判断力に優れる30~40代、初任給は3500万円以上」--。独立系自動車部品メーカー、ユーシンは25日に、前代未聞の“社長公募”広告を大手全国紙に掲載する。

ユーシンは70年以上の歴史を持つ、れっきとした東証1部上場企業だ。マツダやスズキ向けを中心に、自動車キーセットやエアコンスイッチなどの電装品を手掛け、売上高は500億円超。

今回、後継者公募に踏み切った田邊耕二社長(76)は、目的をこう明かす。「グローバル競争時代の会社の成長はトップの舵取りで決まる。最もよい人を社長に据えるのが株主にとってもよい。ユーシンは公開会社として優秀な人材を採用する義務がある」。

応募は8月10日まで受け付け、最終的には1~2人の社長候補を絞り込む。1年ほど様子を見た後で、晴れて社長に就任させる予定という。「100人ぐらいは来ると思うが、優秀な人が集まるかどうかがいちばん心配だ」(同)。

会社の業績は好調。電子キーの採用車種が増えており、2010年11月期は過去最高純益を更新する見通しである。業績も安定成長に乗ったことから、懸案だった自身の後任選びを開始したようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT