ヘッドハンター298人に聞いた--日本の転職市場は改善傾向に

拡大
縮小
ヘッドハンター298人に聞いた--日本の転職市場は改善傾向に

求人サイト「ビズリーチ」を運営するビズリーチが、ヘッドハンター298人を対象に、転職市場の動向について調査を実施した。その結果、ヘッドハンターの83%が「転職市場の現状は昨年と比較して良くなってきている」と回答し、65%が「今年下半期の転職市場は上半期と比較して良くなる」と回答した。

ビズリーチ代表取締役の南壮一郎氏は「さまざまな分野で求人数が増加しており、今後の景気回復が期待できる」とコメントしている。

調査結果は以下のとおり

■転職市場の現状は昨年と比較するとどのように変化してきていますか?

非常によくなっている:11%
よくなっている:72%
変わらない:15%
悪化している:2%
非常に悪化している:0%

■2010 年下半期の転職市場は上半期と比較してどうなると思いますか?
非常によくなる:4%
よくなる:61%
変わらない:31%
悪化する:4%
非常に悪化する:0%

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT