ヘッドハンター298人に聞いた--日本の転職市場は改善傾向に


■昨年比で求人数が増えている業界は?
医療・ヘルスケア・化学:39%
ソフトウェア・インターネット:39%
コンサルティング:29%
メーカー(電気・電子・半導体):24%
メーカー(機械・自動車):21%
サービス:21%
金融サービス20%
消費財(アパレル・食品等):18%
商社・流通:13%
マスコミ・広告・印刷:3%
(複数回答可)

■今後成長が期待できそうな企業は?
順位社名
1 楽天
2 グリー
3 アクセンチュア
4 アップル
5 グーグル
6 日本アイ・ビー・エム
7 ミスミグループ本社
8 セールスフォース・ドットコム
9 日本電産
10 アビームコンサルティング
(1人3社回答)

(東洋経済HRオンライン編集部:田宮寛之)

【調査概要】
・ 調査期間:2010 年6 月14 日~6 月30 日
・ 対象:求人サイト「ビズリーチ」に登録するヘッドハンター298 人

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT