若き成功者の証「黒いロールス」新型投入の意味 4349万円~ブラック・バッジ・ゴーストの狙い

拡大
縮小
発表会では黒と赤、2台の「ブラック・バッジ・ゴースト」が並べられた(筆者撮影)
この記事の画像を見る(32枚)

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、2021年10⽉29⽇にイギリス本国で世界初公開した「ブラック・バッジ・ゴースト」を11⽉17⽇、日本でも発表するとともに国内受注を開始した。価格は4349万円(税込み)からとなる。

「ブラック・バッジ」は、失敗を恐れず、古いしきたりに挑み続けることで成功を収めた反⾻の精神を持つ「ディスラプター(破壊者)」を顧客とし、常に魅了してきたと自負するロールス・ロイスが、「自分のロールス・ロイスをダークにしたい」という顧客の要望に対して出した答えであり、2016年に常設型ビスポーク(特注)モデルとして導入した経緯を持つ。

ロールス・ロイスによると近年、同社の新たな顧客層となっている若い成功者たちは、⾃⾝の意思で「ラグジュアリー」を定義する傾向が強いという。例として、スーツではなくラフな服装を好み、銀⾏ではなくブロックチェーンを利⽤するなど、デジタルを駆使してアナログの世界に影響を及ぼしている層だと説明された。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんな彼らの新しい基準となっているダークな美学や個性、そして⼤胆なデザインをブラック・バッジ・ファミリーとして、まずは2ドアクーペの「レイス」と4ドアセダンの「ゴースト」に導入。2017年にはオープンモデルの「ドーン」、さらに2019年にはSUVの「カリナン」とラインナップを増やしている。

今回、発表されたブラック・バッジ・ゴーストは、2020年に第2世代となった現行ゴーストのブラック・バッジ・モデルだ。

「焼杉の家」や「ヨウジヤマモト」のように

記者発表会には、シンガポールを拠点とするアジア太平洋のリージョナル・ディレクター アイリーン ニッケイン氏がムービーで登場。

新型ブラック・バッジ・ゴーストについて、「ポスト・オピュレンス(脱贅沢)をダークに表現したモデルとして、最⾼にピュアで最も技術的に進化したブラック・バッジ・モデルである」と説明した。

また、建築界で焼杉の家が世界的に評価されたり、ヨウジヤマモトやコムデ・ギャルソンなどファッション界で「ノワール(フランス語で黒の意)の美学」が広がっていたり、日本が黒という色を軸にさまざまな分野で世界に影響を与えてきたことを例に挙げ、次のように語った。

次ページブラック・バッジの販売比率は日本が世界一
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT