ロンドン地下鉄、延伸の背景に「ある施設」の影響

沿線に「空中プール」も出現、007の舞台になる?

延伸開業したロンドン地下鉄ノーザン・ラインのバタシー・パワー・ステーション駅(筆者撮影)

150年以上の歴史を誇る世界最古のロンドン地下鉄に9月20日、久しぶりの新区間が開業した。路線が伸びたのはロンドンを縦断するノーザン・ラインの南部分で、途中駅のケニントン(Kennington)からナイン・エルムズ(Nine Elms)駅を経て、終点バタシー・パワー・ステーション(Battersea Power Station)駅に至る約3.2kmだ。

ノーザン・ラインの路線図が書き換わるのは実に1933年以来。地下鉄全体でも1999年のジュビリー・ライン延伸以来22年ぶりの本格的な新区間開業となる。2008年にヒースロー空港第5ターミナル開業に伴う空港内の延伸があったものの、市中での地下鉄延伸開業は21世紀初だ。

中心部へ「バス1時間」が15分に

開業当日の初電は、バタシー・パワー・ステーション駅を午前5時28分に出発した。早朝にもかかわらず、同駅には地元の鉄道ファンら100人以上が集結。シャップス運輸相やロンドンのカーン市長とともに開業の瞬間を味わった。新区間の開業で、ロンドン地下鉄の総駅数は2駅増えて272駅となった。

「バタシーから(中心部の)レスタースクエアへ12分」と書かれたPRのポスター(筆者撮影)

新区間はわずか3kmほどとはいえ、周辺住民にとってはこれまでバスなどを乗り継いで1時間近くかかっていた市内中心部までの所要時間がわずか15分程度に短縮され、大幅に便利になった。こうした利便性の高さから、2つの新駅はロンドン交通局による運賃ゾーン区分で「中心部」扱いのゾーン1に組み入れられた。

延伸工事の総費用は11億ポンド(約1650億円)。当初予算より1億6000万ポンド(約240億円)ほど縮小できたというものの、新区間の延長3.2kmが約2マイル=1万フィートであることから、地元メディアでは「1フィート(30.5cm)ごとの工費は10万ポンド(約1500万円)」と揶揄する論調もある。

次ページトンネル工事の一部は「手掘り」で
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT