アメリカ主導の超ド級金融相場ついに終盤戦へ

<専門家3人に聞く>株式市場の行方とリスク

いで・しんご●1970年生まれ。東京工業大学卒業。1993年日本生命保険相互会社入社。1999年ニッセイ基礎研究所へ入社。2018年より現職。専門分野は株式市場、株式投資、マクロ経済(写真・本人提供)

FRBのテーパリングについて井出氏は、9月のFOMC(連邦公開市場委員会)で市場に前触れを行い、年末に決定。来年1~3月期のどこかで開始し、来年中に完了すると予想する。利上げ開始は2023年中との見方だ。足下の高いインフレ率は一時的要因が大きく、来年にかけて2%近辺に落ち着くとみる。

一方、日経平均が2万7000円台前半まで反落した日本株については、「短期的にアメリカ株反落のあおりを受けるが、10月後半から11月にかけ日経平均は3万円台を回復する」と比較的強気のスタンスをとる。

「日経平均の適正水準は経験則では予想PERで15倍程度であり、2万8500円に相当する。さらに企業業績については、コロナ禍の影響で期初予想が例年より保守的だった分、今後は上方修正される可能性が高い。株価の割安感が高まり、中間決算発表時には日経平均は3万円を超えてくるだろう」

開いたワニの口が再び閉じる

今春以降、NYダウが堅調に推移する反面、「日本株は2月までのミニバブル的上昇の反動で弱含みとなり、ワニの口が開くように日米の株価が乖離した」。それが年末にかけては日米の方向性が逆転し、「ワニの口が閉じるような形になる」とみる。

来年については、日本企業の業績改善が続くため、日経平均は3万3000円程度まで上昇すると予想。アメリカ株も引き続き10%以上の企業業績伸長が見込まれるため、再び3万5000ドルを目指す展開と読む。

日米株価の大きなリスク要因としては、最近の株安要因ともなっている新型コロナのデルタ株蔓延と、米中対立激化による資本市場とサプライチェーンの分断を挙げる。「日本の工作機械や半導体などの対中輸出が伸びているが、もし米中対立で貿易や生産に支障が出てくるようなことになれば、株式市場への影響も避けられない」と井出氏は懸念する。

次ページサマーラリーが今年最後の上昇か?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT