日本のナショナリズム 松本健一著

日本のナショナリズム 松本健一著

評論家・思想家である著者は、明治維新を第1の開国、第2次世界大戦の敗戦を第2、そして東西冷戦構造の終焉とグローバリズム社会が到来した現在を第3と見る。

この歴史の転換点になりうる今、東アジア共通の問題である金融・通貨・環境・エネルギー・食糧問題などを解決するための組織が必要だとし「アジア共同の家(アジア・コモン・ハウス)」構想を提起。国益、国権を主張するためだけではないナショナリズムを超えて極東の未来を見据えた組織を展望する。

戦前日本のナショナリズムの暴走が侵略戦争を引き起こした要因を分析しながら、他国が同じ轍(わだち)を踏まないためにも、極東に真の「共同の場」を設ける必然性を説く。

ちくま新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。