ソニー、本社の土地をソニー生命に売却

528億円で子会社に売却

7月28日、ソニーは、東京都港区にある本社の土地を連結子会社のソニー生命に売却すると発表した。2012年撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 28日 ロイター] - ソニー<6758.T>は28日、東京都港区にある本社の土地を連結子会社のソニー生命に売却すると発表した。売却価格は528億円。9月中の売却完了を目指す。グループ内取引のため、2015年3月期の連結業績見通しに与える影響は軽微という。

すでにソニー本社の建物を所有しているソニー生命に、土地の所有権も移す。これにより、金融子会社からソニー本社への資金移転が見込める。

ソニーは、エレクトロニクス事業の構造改革を進めており、今期中に5000人の人員削減による早期退職金など多額の現金支出が必要な状況にある。

2014年3月末の金融を除いたソニー連結の財務状況によると、現預金が8000億円以上あるが、短期借入金と長期借入債務を合わせた有利子負債は1兆2000億円を超え、手元資金の積み上げが急務となっていた。

*内容を追加して再送しました。

 

(村井令二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT