「半蔵門線」新車に見る東京メトロの車両開発戦略 東急、東武との共通化はどの程度重視される?

印刷
A
A

18000系は2025年度までに19編成190両を製造して、8000系と置き換える。日立製作所が車両製造を担当する。

東京メトロ有楽町線・副都心線用の17000系。半蔵門線用の18000系と似た外観だ(撮影:尾形文繁)

丸みを帯びた先頭形状は、2021年2月にデビューした東京メトロ有楽町線・副都心線用の新型車両17000系にどこか似ている。

17000系は東急、東武、西武などの路線に乗り入れるため、18000系同様、地下鉄区間と郊外路線の両方に必要な性能が要求される。

同一仕様によるメリット

実は17000系の設計開始も18000系と同じ2017年8月。両者の仕様を比較すると共通する部分が多い。日立は17000系の製造も担う。東京メトロにとっては、両者の仕様をそろえることでことでスケールメリットによるコストダウン効果が狙える。補修部品なども共通化されることで、将来の保守コストの節約にもつながる。

次ページ乗り入れ各社の運転士も新車の訓練中
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT