イメージ一新で需要を創出、初心者が選ぶマッサージチェア

大きくて、重厚で、高い。そんなマッサージチェアのイメージを一新した商品が売れている。パナソニックが展開する「マッサージソファ」だ。

2009年5月の発売開始以来、国内の販売台数は計画比2倍の6万台(10年3月末)を突破。同製品の市場シェアで2~3番手に甘んじていたパナソニックだが、本製品で一気にトップへ躍り出た。

同製品には、過去の反省が生かされている。白モノ・健康機器事業を統括する中島幸男役員は「これまでのマッサージチェア市場は深みにはまっていた」と分析する。参入企業は医療機器メーカーが中心で、いかに複雑な“もみ”をパターン化するかといった機能ばかりを追求。そのため製品は大型化する一方、需要はニッチ化していたのだ。

そこで“インテリア家具”という特徴を前面に打ち出した。リビングで自己主張しないよう小型化し、色もアイボリーや緑色など家具らしい色をそろえた。機能を絞ったことで、価格も10万~20万円と従来品の約半分に抑えた。

あえて簡易化した結果、購入者の8割強が新規購入者。これまでの購入者は大半が中高年男性だったが、今回は女性が全体の30%を占めるという。市場の硬直化という“コリ”をもほぐしたマッサージチェア。さらなる需要の取り込みが期待されている。

(西澤佑介 =週刊東洋経済2010年5月15日号)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。