イメージ一新で需要を創出、初心者が選ぶマッサージチェア

大きくて、重厚で、高い。そんなマッサージチェアのイメージを一新した商品が売れている。パナソニックが展開する「マッサージソファ」だ。

2009年5月の発売開始以来、国内の販売台数は計画比2倍の6万台(10年3月末)を突破。同製品の市場シェアで2~3番手に甘んじていたパナソニックだが、本製品で一気にトップへ躍り出た。

同製品には、過去の反省が生かされている。白モノ・健康機器事業を統括する中島幸男役員は「これまでのマッサージチェア市場は深みにはまっていた」と分析する。参入企業は医療機器メーカーが中心で、いかに複雑な“もみ”をパターン化するかといった機能ばかりを追求。そのため製品は大型化する一方、需要はニッチ化していたのだ。

そこで“インテリア家具”という特徴を前面に打ち出した。リビングで自己主張しないよう小型化し、色もアイボリーや緑色など家具らしい色をそろえた。機能を絞ったことで、価格も10万~20万円と従来品の約半分に抑えた。

あえて簡易化した結果、購入者の8割強が新規購入者。これまでの購入者は大半が中高年男性だったが、今回は女性が全体の30%を占めるという。市場の硬直化という“コリ”をもほぐしたマッサージチェア。さらなる需要の取り込みが期待されている。

(西澤佑介 =週刊東洋経済2010年5月15日号)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT