沈んだ気分を切り替える心地いい習慣の大切さ

モデル中林美和が母として娘に伝えたいこと

本当の強さとは自分で選択できる力……モデル中林美和が娘に伝えたいこと(写真:Domani編集部)

中林美和さんが、社会人として、女性として、母として、美和さんが大切にしてきた習慣や考え方の中から、娘たちに伝えたい「50のこと」を厳選してお伝えしていきます。

自分の「心地いい」を大切にする

それはどんなことだってよくて、「あぁ心地いいなぁ」と感じるポイントのようなもの。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

たとえば私は毎朝、窓を開けて部屋の空気を入れ替える。滞っていた空気が動き出す感じがして、本当に気持ちがいいから。あとは不意に思い立って水回りを掃除したり、バスソルトを入れてお風呂にはいったり。

それをすると気持ちが清々しくなったり、その空間が心地よく感じたりすること。そういう自分にしか分からない心地よさを敏感にキャッチして、知っておくことが大事。

自分の「心地いいな」を知っていれば、毎日の中でこまめに気持ちをリフレッシュできるし、ちょっと落ち込んだ時にも気持ちを切り替えることができるから。

自分の人生を丁寧に、大切に過ごすためにも、こういう習慣はとっても役に立つ。

(写真:Domani編集部)

子どもたちには強く生きてほしいといつも思ってる。強いってがんことか人に対して大きく出るとか、そういうことじゃなくて、私が思う強さはなりたい自分に迷いがないこと。周りに流されることなく、どんなときだって自分の選択ができること。

でもこの先、その選択を間違えたり、後悔することもたくさんある。そんなときには自分の間違えを受け入れて、反省するべきところは反省する。そしてネガティブな面だけをとらえるのではなく、人生の厚みとして次に活かそう!と、気持ちを切り替える。このしなやかさも強さだと思う。

私自身もまだまだ強くはないけれど、ふたりにもしなやかな強さを身につけてほしいと願っています。

(構成/高田あさこ)

中林美和
1979年生まれ。16歳で小学館『CanCam』の専属モデルに抜擢され、表紙モデルとして活躍。23歳で結婚、出産を経て小学館『SAKURA』のメインモデルとして復帰。ママモデルの先駆的存在となり、9年間表紙モデルを勤める。他、セブン&アイ出版『saita』の表紙モデル、光文社『VERY』、宝島社『&ROSY.』など多数の女性ファッション誌、ビューティー紙のモデルとして活躍する。著者に『中林美和のハートフルデイズ』、初のエッセイ『おんぶにだっこにフライパン!』など5冊を出版している。2017年にアロマテラピーアドバイザーの資格を取得。
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT