JR貨物から消えた「DD51」、完全引退はいつだ?

かつては「SLの敵」、現在は希少種で大人気

JR貨物では、北海道・東北・関東・中京・関西・中国・九州地区でDD51が使用されていたが、東北・関東・関西・中国・九州地区では貨物列車の廃止や電気機関車等への置き換えなどでDD51が要らなくなってしまった。北海道では後継のDF200が投入されたうえ、道内の貨物列車の縮小によって2014年にDD51が引退したが、石北本線の臨時貨物列車(玉ねぎ列車)が最後だった。

JR貨物のDD51が最後まで残ったのが中京地区で、稲沢~四日市・塩浜間など、関西本線関連の貨物列車で使用されてきたが、こちらも北海道で余剰となったDF200を改造することでDD51の置き換えが開始された。後継のDF200は2016年から関西本線に入線、2018年から本格的に使用され、3年がかりでDD51を引退させている。

JR貨物からDD51が消えた後は、JR東日本とJR西日本でDD51が残っている。JR東日本では、吾妻線の小野上に線路のバラスト(敷石)を積み込む施設がある都合で、「小野上工臨」と呼ばれる工事列車が運転されている。この列車にDD51が使用されてきたが、後継車両として砕石輸送用のGV-E197系が登場しているだけに、JR東日本からDD51が消えるのも時間の問題となろう。

最後は「DLやまぐち」か?

残るはJR西日本のDD51で、山陰本線で寝台特急「出雲」を牽引した実績もあるが、現在はレール輸送や砕石輸送用の工事列車や、車両工場に出入りする車両の牽引などで使用されている。

SL津和野稲荷号をサポートするDD51(写真:F4UZR/PIXTA)

また、「SLやまぐち」号のピンチヒッターとして使用される車両があり、「SLやまぐち」号が立往生して救援に向かう際に使用されるほか、蒸気機関車のC57やD51が故障すると代わりに客車を牽引したこともあったが、2021年には正式に「DLやまぐち」号という名前が付いてしまった。

蒸気機関車の敵役もいよいよ数が少なくなり、見かける機会が少なくなった。「DLやまぐち」号が旅客列車として最後となるのか、注目されるところだ。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT