郵政改革法案は、生命保険会社の信用力にマイナス影響も、計り知れない「かんぽ」の力《ムーディーズの業界分析》


 とはいえ、通常、医療保険商品のような保障性商品は、貯蓄性商品とは異なり、環境次第で他社商品に乗り換えるということが起こりにくい。したがって、かんぽ生命の医療保険ビジネス拡大による各社への影響は、保有契約全体の減少ではなく新契約の減少という緩やかな形で現れると考える。

医療保険ビジネスの新契約(年換算保険料)を見ると、トップはアフラックであり、それに大手4社(日本生命、第一生命、住友生命、明治安田生命)やかんぽ生命、アリコが続く。

市場全体では圧倒的なシェアを有するかんぽ生命だが、このセグメントではまだ目立っていないといえる。一方で、上限金額のある入院特約しか販売していない現在でさえ、この存在感を示しているという解釈もできる。

上限によって抑えられている潜在的な販売力をかんぽ生命が発揮した際の影響は、計り知れないといえよう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。