アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

ハンセン「スマホ脳」が2週連続で1位を獲得

1位~3位が前週のランキングと全く同じでした(写真:Ushico/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、1月31日~2月6日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『人新世の「資本論」』も2週連続で2位に

今週(1月31日~2月6日)のランキングでは、『スマホ脳 (新潮新書)』(アンデシュ・ハンセン著、新潮社)が2週連続で1位に輝いた。特定の要因はなく、毎日安定して注文が集まっているという。

『スマホ脳』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、前週も2位だった『人新世の「資本論」(集英社新書)』(斎藤幸平著、集英社)がランクインした。「朝日新聞デジタル」の記事が影響している模様だ。

3位には、前週も3位だった『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』(オードリー・タン著、プレジデント社)がランクインした。日本テレビ『世界一受けたい授業』で紹介されたことが影響しているという。

前週126位から17位に順位が急上昇したのが、『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』(越川慎司著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)だった。NHKラジオ「三宅民夫のマイあさ!」で紹介されたことが影響している模様だ。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT