アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

「スマホ脳」が1位、「人新世の「資本論」」が2位

オードリー・タン氏の書が注目されました(写真:dyna/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、1月24日~30日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『人新世の「資本論」』が2位に

今週(1月24日~30日)のランキングでは、前週2位だった『スマホ脳 (新潮新書)』(アンデシュ・ハンセン著、新潮社)が1位に輝いた。特定の要因はなく、毎日安定して注文が集まっているという。

『スマホ脳』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、前週1位だった『人新世の「資本論」(集英社新書)』(斎藤幸平著、集英社)がランクインした。こちらも特定の要因はなく、毎日安定して注文が集まっているという。

3位には、前週27位だった『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』(オードリー・タン著、プレジデント社)がランクインした。日本テレビ『世界一受けたい授業』で紹介されたことが影響したようだ。

前週119位から30位に順位が急上昇したのが、『Au オードリー・タン 天才IT相7つの顔』(アイリス チュウ著、文藝春秋)だった。「文春オンライン」の記事が影響している模様だ。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT