ANAマイル特典にバニラエアが入ったワケ

7月からLCCの特典航空券へ交換開始

ANA(奥)のマイルを貯めれば、バニラエア(手前)の搭乗券が手に入る(撮影:尾形文繁)

全日本空輸(ANA)は6月24日、ANAマイレージクラブ会員が貯めたマイルを、ANAグループのバニラエアが運航する路線の特典航空券に交換できる新たなサービスを導入すると発表した。7月1日から受付を開始。7月5日以降の搭乗分で利用できるようになる。

マイレージはフライト距離やクレジットカードの利用などに応じた貯まったマイルを、航空券やクーポン、電子マネーなどに交換できるポイントプログラム。日本ではANAと日本航空(JAL)がマイレージプログラムを導入しており、それぞれが提携する航空会社でのフライトでもマイルが貯まる。

今回の新サービスにより、たとえばバニラが運航する成田―札幌は往復1万マイル、成田―仁川(ソウル)は同1万5000マイル(燃油サーチャージなし)で、それぞれ特典航空券に交換できる。

同区間をANA便で利用しようとすれば、成田―札幌は往復1万5000マイル、成田―仁川は同1万5000マイル+燃油サーチャージ(7~8月は5000円)が必要となるため、少ないマイルで同じ区間のフライトが可能となる。

LCCの特典航空券はANAで初

バニラはもともと、ANAホールディングス(HD)とマレーシアのエアアジアとの合弁会社だったが、両社の合弁解消により、ANAHDの全額出資による格安航空会社(LCC)として、2013年12月に再出発した。

次ページなぜバニラを特典に組み込んだのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。