日本生命「コロナ禍で対面営業推進」への大反発

営業職員の間に広がる感染拡大への不安と不満

日本生命の営業職員向けの内部資料では、契約内容の確認活動は対面で、と明記されている(編集部撮影)

「おじいちゃん、おばあちゃん、どうか対面でのアポイントを断ってください……」

切実な思いを口にするのは、日本生命の営業拠点「ニッセイ・ライフプラザ」に勤務する女性職員のAさんだ。

ライフプラザは日本生命の既契約者のアフターフォローを行う拠点で、Aさんは営業職員が1年間、連絡や接触をしていなかった契約者を訪問するチームに所属している。

メインの仕事は「GNKK」

メインの仕事は社内で「ご契約内容確認活動」と呼ばれている。通称「GNKK」。契約している保険の内容の確認のほか、住所や連絡先に変更がないのか、また、給付金などの請求漏れはないのかどうかをチェックする。そして、新規の保険契約につながる新商品の案内や損害保険商品の提案まで手がける。

Aさんらには、1日にかけなければいけない電話の本数ノルマもある。既契約者と面会の約束をとりつけるため、狭い室内で約50人のスタッフがひしめき合って電話をかけている。全員マスクをしているが、顧客との会話を必要とする仕事であるため、新型コロナウイルスに感染してしまうのではないか不安でたまらない。

東洋経済プラスの連載「問われる保険営業」で、この記事の続きを無料でお読みいただけます。連載では保険営業にまつわる課題を取り上げています。
再燃するハローワーク前の「採用活動」
日本生命、コロナ禍でも「対面でアポイント」
第一生命、営業職員「巨額金銭詐取」の深い闇
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT