EVベンチャー、テスラが特許を開放する狙い

カリスマ起業家が仕掛けた大胆な戦略

画像を拡大
テスラのイーロン・マスクCEO(撮影:Paul Sakuma)

ガソリンスタンド並みにEV向けの充電スタンドを全米各地に設置するには、莫大な投資が必要。テスラのスーパーチャージャー設置コストは1台5000万円前後といわれる。

「このまま自社だけで充電スタンドなどのインフラ投資が続ければ、経営が成り立たたない。だから、イーロン・マスクは特許を開放したのではないか」と、セビン・ローゼンファンドのベンチャーキャピタリスト、スティーブ・ドミニク氏は言う。

他のEVメーカーは、テスラの特許を使うことで研究開発などのコストを抑えてEVを生産することができる。生産が増加すれば、スーパーチャージャーの技術を使った充電スタンドの設置などのインフラ整備も加速する、という戦略だ。

過熱する就職人気

米国内では、今回の特許開放について、マスク氏が地球環境保護のため、EV産業をさらに誠実に支援したいという姿勢の表れ、と考える人も少なくない。そこから優秀な人材の確保へとつながる効果もありそうだ。

シリコンバレーでモデルSを保有する、クラウドサービス大手エバーノート・ジャパンの外村仁会長は「シリコンバレーの景気は非常に良く、どの企業も人手不足だ。エンジニアたちは次世代のイノベーションを担うリーダーのところで働き、世界を変えたいと思っている。スティーブ・ジョブズ亡き後、カリスマ性のあるイーロン・マスクの下で働きたいと、優秀な技術者が集まることは必至だろう」と予測する。

現在6000人以上の社員数を誇るテスラだが、年内にカリフォルニア州だけで500人以上を新規採用する方針を打ち出している。テスラ・モーターズの技術職に最近応募したグプタ氏(仮名)は、私立大学の名門USC(ユニバーシティ・オブ・サザンカリフォルニア)の修士号を持つエンジニア。「テスラ内に知り合いがいるので、彼を通して数週間前に応募したが、まったく連絡が無い。テスラには毎日履歴書が山のように届くと、その友人は言っていた。テスラは優秀な人材を選び放題だ」と話す。

次ページジョブフェアが中止に
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT