【産業天気図・建設機械】中国などアジア需要強く後半「晴れ」に回復へ、為替次第では波乱も


 一方、国内需要は依然として低迷が続く。鳩山政権による公共投資削減も響き、10年度上期の需要は続落が必至。工業会は下期には増加に転じると予想するが、通年の出荷予想額は3464億円(0.6%増)で底を這うような水準だ。

先進国市場では、日本同様に欧州にも回復の兆しが見られない。ただ、米国市場では景気対策効果か、一部では流通在庫の不足も伝えられはじめており、工業会のアンケートでも10年度下期から回復に転じると見る建機メーカーが4割を超えている。

リーマンショック以降、在庫調整や生産体制の再編に素早く手をつけた日本の主要建機メーカーは、どん底の09年度も黒字決算を維持した。それだけに、10年度は中国を中心にしたアジアが続伸し、緩慢ながらも米国市場が底打ちすれば、業績の急回復が予想される。ただ、外需依存が深まっているだけに、為替変動が大きく利益を左右する。中国での採算は元がドルと連動しているだけに、為替水準によってはにわか雨もありえる、不安定な天気模様となるかもしれない。
(山崎 豪敏)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT