スカイマーク、ミニスカ機材がまた受難

6月14日就航予定の新機材「A330」が雷で損傷

テストフライト中に落雷の被害を受けたスカイマークの「A330」型機

よりにもよって、である。

3度に渡る運航開始の延期、女性客室乗務員(CA=キャビン・アテンダント)のミニスカ制服をめぐる騒動――。スカイマークが新しい機材として、6月14日にようやく就航する予定のエアバス製「A330」。

何かと話題のこの航空機が、またもや思いもかけないアクシデントに見舞われた。就航を控えた2機のうち、1機がテストフライト中に落雷に遭い、機体の一部を損傷したのだ。

初便は予定どおり就航

画像を拡大
新機材のお披露目会見で、スカイマークの西久保愼一社長は新機材に対する大きな期待を語っていた

スカイマークは詳細を明かしていないが、ここ数日の間に落雷の被害があったもようで、同月12日19時時点では損傷したA330の機体を修理中。今のところ、「6月14日の運航開始予定は変わっていない」(スカイマーク広報部)。

同日朝7時40分に羽田空港から福岡空港へ向かう初便(SKY003便)は予定どおり就航できる。ただ、その後、初日から計画どおりの本数が飛ばせるかどうかは流動的だ。落雷によって機体が損傷した事実を、所管の国土交通省は把握している。

次ページ落雷自体は珍しくない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。