3Dテレビ戦争が幕開け、ソニー差別化戦略の成算、価格競争は必至だが...


 画質などの微妙な差こそあれ、基本的な技術水準はキャッチアップされている。基本機能以外に「ソニーを選ぶ理由」を訴求できなければ、厳しい競争に巻き込まれるのは必至だ。

ソニーは10年度に、悲願のテレビ事業黒字化を目指している。09年度は生産拠点集約と人員減、部材調達の見直しなどで赤字は前期の1300億円からほぼ半減したもよう。

これを黒字化まで浮上させるにはコスト削減以外に、「機器同士の連携やネット経由のサービスを追究し、新しい価値を提案できるテレビを作る」(ホームエンターテインメント事業本部の石田佳久業務執行役員)といった努力が不可欠。

3Dを軸として、新境地をどこまで開くことができるのか。

■ソニーの業績予想、会社概要はこちら

(杉本りうこ 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2010年3月20日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT