脱ガラパゴス戦略 台頭する新興国市場の攻略法 北川史和・海津政信著

脱ガラパゴス戦略 台頭する新興国市場の攻略法 北川史和・海津政信著

世界経済は、「米国による一極集中の時代から、複数の新興国が跋扈(ばっこ)する多極化の時代へと舵を切った」。そこでの日本企業の成長戦略は、台頭する新興国市場の攻略こそ本命であるとし、その攻略法の考え方と実践の基本が示される。

骨子は三つに絞られる。(1)現地のニーズに即した製品開発、(2)コストを下げるための現地化。この2点には目新しさがないが、(3)新興国が求める“日本ブランド”に応える戦略、これは多様にありえそうだ。

たとえば(3)は「安いといってメード・イン・チャイナのトヨタ車を中国人は好んで買いますか」との問いに端的に表現される。日本で生産する“日本ブランド”こそ、続々と増える新興国の「所得1万ドル」超世帯が待ち受ける製品であって、量産狙いの攻勢では差別化は無理との判断だ。その日本ブランドは品質と安全・安心がキーワードだという。

タイトルは、「独自進化」の絶海の孤島からの脱出をめざすたとえが由来。

東洋経済新報社 1680円

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。