脱ガラパゴス戦略 台頭する新興国市場の攻略法 北川史和・海津政信著

脱ガラパゴス戦略 台頭する新興国市場の攻略法 北川史和・海津政信著

世界経済は、「米国による一極集中の時代から、複数の新興国が跋扈(ばっこ)する多極化の時代へと舵を切った」。そこでの日本企業の成長戦略は、台頭する新興国市場の攻略こそ本命であるとし、その攻略法の考え方と実践の基本が示される。

骨子は三つに絞られる。(1)現地のニーズに即した製品開発、(2)コストを下げるための現地化。この2点には目新しさがないが、(3)新興国が求める“日本ブランド”に応える戦略、これは多様にありえそうだ。

たとえば(3)は「安いといってメード・イン・チャイナのトヨタ車を中国人は好んで買いますか」との問いに端的に表現される。日本で生産する“日本ブランド”こそ、続々と増える新興国の「所得1万ドル」超世帯が待ち受ける製品であって、量産狙いの攻勢では差別化は無理との判断だ。その日本ブランドは品質と安全・安心がキーワードだという。

タイトルは、「独自進化」の絶海の孤島からの脱出をめざすたとえが由来。

東洋経済新報社 1680円

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT