「母性がない罪悪感」に悩み続けた女43歳の境地

娘と生き別れ13年、ふたをした感情が溢れた時

離婚が成立してから13年間、冴子さんは一度も娘に会わなかった。姑と小姑に「二度と私たちに関わらないで。子どもにも会いに来ないで」と言われたからだ。

「昔の私は、とにかく自分に自信がなくて、人に何か言われると言い返せない性格だったんです。それで、理不尽だと思いながらも、相手に従ってしまいました」

こうした自己肯定感の低さは育てられ方のせいだ、母親に愛されなかったからだと、冴子さんは思っている。そもそも冴子さんが元夫と結婚したのは、「大家族」に憧れたからだ。大学卒業後、流通関係の企業に総合職として入社し、地方で働いていた。付き合った男性もいたが、結婚には至らなかった。27歳になって結婚したくなり、ふと結婚相談所に入会した。

「私の出した条件は、たったひとつ『自営』の人。いつも一緒にいられるといいな、と思ったんです。そういう条件を出す人は珍しかったんでしょうね。すぐに農家の長男だという元夫を紹介され、トントン拍子に話が進んでしまいました」

子ども時代、親に放っておかれて寂しかった記憶が、「大家族」で「自営」の家への憧れを募らせた。

「サザエさん家みたいに、大勢でわいわい楽しく暮らせたらいいなと思ったんです。でも、甘かったですね。元夫の家で、私はつねに部外者。おさんどん役ばかりを押し付けられ、家族の輪には入れてもらえませんでした」

そんな環境から逃げ出すように離婚して、娘とも会えなかった13年間。冴子さんは、どうやって生きてきたのか。

再婚で手に入れた「ウマが合う」母親

実は冴子さんは、離婚から数年後に再婚している。

「寂しくて、寂しくて。マッチングアプリで知り合った人と、たった3カ月の交際で結婚しました。9歳年上の男性です。普通のサラリーマンですよ」

今回の結婚でも、夫の母親と二世帯同居をすることになり、冴子さんは同意した。この母親が、なんと、とてもいい人だった。

「すごくウマが合うんです。日常会話が普通にできる。母娘ってこんな感じか、と思いました」

夫は子どもを望まず、彼女も子どもをもちたいとは思わなかった。結婚生活は穏やかに続いている。

「夫婦仲はよくも悪くもないですが、家族があるという安心感は得られました。私が欲しかった家族が、やっと手に入ったんです」

次ページ死を身近に感じて、ようやく湧き出た母性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT