怒る企画術! 吉田正樹著

怒る企画術! 吉田正樹著

フジテレビで人気お笑い番組を数多く手掛けてきた元プロデューサーが、企画の極意を伝授する。

タイトルに“怒る”とあるのは、世の中への不満や怒りなどの反骨精神がアイデアを生み出す原動力になるというところからきている。これを変えたい、壊したいという強い思いが、エネルギーになり、それを形にしたものが企画だと、著者は言う。

とはいえ、現実にはそんな斬新な企画など、そうそう思いつくものではない。クリエイターの仕事は「いまあるものを、どう発見し直すか」だと説く。

埋もれているものを発見し光を当て、いかにメインストリームに持っていくかが腕の見せ所。そのための発想術が満載されている。

ベスト新書 780円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT