怒る企画術! 吉田正樹著

怒る企画術! 吉田正樹著

フジテレビで人気お笑い番組を数多く手掛けてきた元プロデューサーが、企画の極意を伝授する。

タイトルに“怒る”とあるのは、世の中への不満や怒りなどの反骨精神がアイデアを生み出す原動力になるというところからきている。これを変えたい、壊したいという強い思いが、エネルギーになり、それを形にしたものが企画だと、著者は言う。

とはいえ、現実にはそんな斬新な企画など、そうそう思いつくものではない。クリエイターの仕事は「いまあるものを、どう発見し直すか」だと説く。

埋もれているものを発見し光を当て、いかにメインストリームに持っていくかが腕の見せ所。そのための発想術が満載されている。

ベスト新書 780円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。