怒る企画術! 吉田正樹著

怒る企画術! 吉田正樹著

フジテレビで人気お笑い番組を数多く手掛けてきた元プロデューサーが、企画の極意を伝授する。

タイトルに“怒る”とあるのは、世の中への不満や怒りなどの反骨精神がアイデアを生み出す原動力になるというところからきている。これを変えたい、壊したいという強い思いが、エネルギーになり、それを形にしたものが企画だと、著者は言う。

とはいえ、現実にはそんな斬新な企画など、そうそう思いつくものではない。クリエイターの仕事は「いまあるものを、どう発見し直すか」だと説く。

埋もれているものを発見し光を当て、いかにメインストリームに持っていくかが腕の見せ所。そのための発想術が満載されている。

ベスト新書 780円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。